• 商品に関するお問い合わせ

    一般のお客様は、当社直営店、ジュエリー創作工房シペーロまでお問い合わせください。
    ▼ HPはこちらから ▼

  • ジュエリー創作工房 Cipero(シペーロ)

サンゴ

  • TOP
  • サンゴ

海の宝石珊瑚

長年、日本珊瑚商工協同組合会員として培ってきたノウハウを生かし、取引様に安心してお取り扱いいただける品質の商品をご提案します。
近年、中国、台湾の旺盛な需要のため、日本産赤珊瑚の値段が急騰し、そのため、珊瑚製品の日本国内での販売が年々難しい状況へ変化しています。
当社では、海外輸出を手がける一方、日本国内で販売しやすいデザイン、価格、品質を備えた珊瑚製品を開発しています。展示会や店頭の定番商品としてユーザーの皆様からご好評いただいています。

宝石珊瑚の採取方法など詳しい情報は、日本珊瑚商工協同組合のHPをご覧ください。

http://www.japan-coral.net/

枝珊瑚・モチーフブローチ

アフリカ珊瑚

どの製品も、正真正銘の血赤珊瑚と呼ぶにふさわしい品質です。
ブローチやペンダントは素材の良さを活かして製品化しています。

拝見珊瑚置物

半製品に関するお問い合わせもお受けしております。
デザイン、加工のご相談もお気軽にどうぞ

ネックレス、ペンダントNC、リング、珊瑚

ヘビーユーザー向け、または中国マーケット向きの製品を取り揃えています。

当社デザインネックレス

市場動向の変化、お客様のニーズの変化に合わせ、開発した商品です。
国内外の主要取引先様の多くで定番商品としてお取り扱っていただいています。

ダミー画像

赤枝珊瑚ネックレス

つやがあり上質な素材を活かした、高級感のある赤枝珊瑚ネックレスです。
シンプルなトップはいろいろな連やパーツとの組み合わせを楽しむことができ、大人の遊び心を感じさせます。

赤枝珊瑚ネックレス

珊瑚念珠は種類も豊富です。
中でもシナ海で採取される白サンゴは少しアイボリー系のシックな色合いで、落ち着いた雰囲気があり多くの方にご利用いただいております。

サンゴの種類

  • 赤サンゴ

    濃い赤色で粒子が細かく美しい光沢がでる。
    良質なものは土佐沖で採取され、希少価値が高く人気がある。

  • 胡渡りサンゴ

    一般的な赤で「サルジ」とも呼ばれている。
    地中海沿岸の水深50~100mmに生息し、あまり大きくならない。

  • モモサンゴ

    水深200~500mmで大きく成長し、中でも高知県沖で採取されるものは、彫刻細工に多く用いられている。この種のサンゴのうち薄いピンク(エンゼルスキン)で色調の整ったものは「本ボケ」と呼ばれ、高く評価されている。

  • 深海サンゴ

    ミッドウェイ諸島からハワイ諸島にかけて水深1,000mm以上のところで大きく成長する。
    ピンク地に濃いピンクの筋入りのものが多い。

  • 黒サンゴ

    南シナ海などで採取され、原産地の輸出許可があれば輸入できる。
    とても軽く念珠の材料としても用いられる。

サンゴのお手入れ

ネックレスなど直接肌につけるものは、時々柔らかい布で汗やほこりを拭き取ってください。
また、温泉・果物の汁・化粧品などがつくと艶や光沢を失う原因になりますので、ご注意ください。
いつまでもサンゴの美しい色を保つために、こまめなお手入れをおすすめいたします。